転職を失敗した!こんな時って前の会社に出戻り転職するのはアリ?

転職を失敗した!こんな時って前の会社に出戻り転職するのはアリ?

 

転職をしたのはいいけれど、様々な理由で転職に失敗したと思うケースは多いです。

 

その中でも特に厳しいのは
「待遇面が思っていたよりも悪かった」
「残業時間が多すぎる」
など、労働環境がひどい場合です。

 

こんな場合には転職をしたことで状況が悪くなってしまいます。

 

そんな時には前職に戻りたいという人も多いと思います。

 

でも、出戻りってアリなんでしょうか?

 

実際に出戻りする方法や出戻りをしていいこと悪いことなどを考えてみたいと思います。

 

 

 

前の会社に出戻り転職ってできるの?

 

一度退職した会社に再度戻ることは難しいです。

 

しかし、人によってはむしろ出戻り転職によって待遇が良くなる人もいたり、出戻り転職を推奨する会社などもあったりします。

 

必ずしも出戻り転職が悪いことであるわけではないです。

 

 

とはいっても、やはり出戻り転職は働いている社員から見ればあまりいいものではありません。

 

待遇や人間関係など、前よりも悪くなることもあり得るので十分に覚悟をしておく必要があります。

 

 

 

出戻り転職できる条件とは

 

出戻り転職できる条件としては、下記のようなケースが挙げられます。

 

  • 会社が人手不足で求人を積極的に行っている
  • 以前の仕事ぶりが上司から評価されていた
  • 会社を円満退社している

 

 

出戻りOKなどの規定がなくとも、個別に対応してくれる場合が多いようです。

 

人手不足などで前の上司から打診があるようなケースもあるので、できるだけ前の会社との関係は良好な方がいいです。

 

 

 

他の知らない会社に再転職するよりはいい!?

 

転職に失敗して、また他の知らない会社に転職しなおすのは勇気がいることです。

 

「また失敗したらどうしよう」

 

こう思ってしまうのは無理もないでしょう。

 

そのように不安になるのであれば、今の環境よりは前の会社に出戻った方がいいと思います。

 

出戻り転職にはメリットもあります。

 

  • 未経験者よりも経験が多く、即戦力になれる
  • 実務経験が多いので、待遇面で有利になることが多い
  • 以前に構築した人間関係が残っている

 

 

この3つのメリットが上手く活きるのであれば、出戻り転職はあなたにとってプラスになるでしょう。