例文で分かる!失敗しない転職理由の書き方を学ぼう

例文で分かる!失敗しない転職理由の書き方を学ぼう

 

転職理由は転職活動でも重要なものの1つです。

 

この転職理由が「仕事が嫌だった」とか「待遇に不満があった」などのネガティブな理由が多いハズ。

 

しかし、このようなネガティブな理由をそのまま出してしまうと、面接官などに悪印象を与えてしまいやすいです。

 

「こいつ、愚痴や不満ばっかりだな」

 

そんな風に思われないためには、ポジティブな理由を書いていく必要があります。

 

 

実際に例文を見て、ネガティブな転職理由をどうやってポジティブにするかを考えてみましょう。

 

 

 

ネガティブな転職理由の例

 

残業が多い

 

ほとんどの会社で残業はつきもの。

 

残業が無い会社の方が珍しいでしょう。

 

そのため、ただ残業が多いことを転職理由に挙げると不満と思われがちです。

 

ではどのように書き方を変えればいいでしょうか?

 

 

ポジティブな転職理由

⇒効率よく残業をして正当な評価を貰いたい

 

 

現職では業務量が多いため、比較的残業が多い会社ではあったと思います。
私自身も会社のために残業を行っていました。

 

しかし、努力をして成績が上がっても一向に給与に反映されませんでした。

 

成果を上げたのであれば、それが正当に評価される職場で頑張っていきたいと考えています。

 

 

この場合は、よりよい環境でさらに自分の仕事を発揮していきたいというような理由に変えるといいでしょう。

 

 

 

ポジティブな転職理由で相手に納得してもらおう

 

会社に人材を採用するのであれば、できるだけ良い人を取りたいと思うのが、採用担当者の考えです。

 

では、できるだけ良い人とはどんな人でしょうか?

 

その人の全てを採用試験や面接などで測ることはできませんが、限られた短い期間で好印象を与えていくことはできます。

 

そうしていく内に「お、こいつ良さそうだな」と思わせられればラッキーです。

 

どんどんポジティブなイメージを与えて、転職を成功に近づけましょう。