資格なしは転職に不利なの!?転職を成功させるために必要なこととは

資格なしは転職に不利なの!?転職を成功させるために必要なこととは

 

「大した資格を持っていないんだけど、これって転職に不利なのかな?」

 

資格を持っていないけれど転職活動を考えている人が、不安に思う事です。

 

この質問の答えはイエスともノーとも言えます。

 

 

それはあなたにとって資格がどのような意味を持っているかということによって変わってきます。

 

 

必ずしも資格があればいいわけではない

 

資格ってそもそも何でしょう?

 

資格はあくまでも、その人が試験に合格をしたことを示すものです。

 

試験に受かっているから優秀だとみなすのであれば、優秀な人を採用したい会社は資格を重視するかもしれません。

 

しかし、ほとんどの会社は資格は2の次。

 

実際には面接によって、その人がどんな人かを見極めて判断をします。

 

ただ、専門職に関しては「この資格を持っていること」が前提になることもあります。

 

この場合、資格を持っていることが有利なのではなく、応募条件を満たしているというだけにはなります。

 

 

資格よりも実経験が重要

 

悲しいことに、資格は実際に仕事ができるかどうかとは関係ありません。

 

資格を持っていても仕事ができない人はたくさんいますし、資格を持っていなくても仕事ができる人もたくさんいます。

 

 

会社にとって重要なのは、「あなたが何ができて何ができないのか」ということです。

 

会社にとって望むことができるのであれば、資格など無くても問題ないです。

 

 

資格はプラス要素、マイナス要素になることはある

 

では資格を持っていることは何がいいのか。

 

それは資格を持っていることで「頑張っている」という事を示せるということです。

 

「これこれの知識や技術を身につけるために在職中に資格をとりました。」

 

というように答えたりすれば、この人は意欲を持って仕事をする人だと思いませんか?

 

 

逆に10年くらい勤めていて何も資格をとっていないとすると、「この人は何も努力をしなかったのではないか?」と疑われてしまうこともあるかもしれません。

 

 

つまり、資格はあなたの仕事に対する意欲や会社の役に立てることをを示すためのアピールなのです。

 

資格を上手く活かしてアピールするのか、他の何かでアピールするのか。

 

 

どのように会社に対してのアピールができるかが、あなたの転職活動を成功に導くポイントとなるでしょう。

 

 

まとめ

 

転職活動を成功させるためには、資格を持つことが必ずしも必要なことではありません。
どのように会社に対するアピールをできるかが、転職するために必要なことです。

 

会社に対するアピールを的確にするためには、必ず自己分析が必要です。

 

 

事前にしっかりと自己分析は行っておきましょう。